古代文明・オーパーツ

テンプル騎士団の砦で「地下トンネル」を発見 失われた「アーク」の出土に期待

投稿日:

テンプル騎士団の砦で「地下トンネル」を発見 失われた「アーク」が眠っている可能性も

テンプル騎士団とは?

テンプル騎士団はとは、十字軍の時代に聖地エルサレムで設立された騎士修道会(軍事力を備えたカトリック修道会)です。聖ヨハネ騎士団・ドイツ騎士団と並んで、三大騎士修道会のひとつに数えられます。創設は1096年の第1回十字軍の終了後の1119年であり、ヨーロッパ人によって確保されたエルサレムへの巡礼に向かう人々をイスラムの山賊や盗賊から保護するために設立された。

 

アーク(聖櫃)とは?

アークとは約3000年前、シナイ山でモーゼが神から授けられた十戒を刻んだ2枚の石板をしまった箱である。神は石板を納める箱を作るように指示しました。アカシア材を使い、箱の内側も外側も純金で覆い、周囲に金の飾り縁を付けること。箱の四隅の脚に金環を付け、そこに棒を通して箱を担げるようになっています。箱の大きさは、縦2.5アンマ、横と高さがそれぞれ1.5アンマとされていました。一アンマは約45センチと考えられているので、換算すると、縦120センチ、横と高さがそれぞれ60センチほどになります。箱の上部には、純金で作った天使2体を向かい合わせに取り付けられている。

紀元前587年、新バビロニアのネブカドネツァル王(ネブカドネザル二世)に滅ぼされた際に、エルサレム神殿も破壊され、アークの行方はわからなくなってしまいました。そのため、「失われたアーク」とも呼ばれるのです。時の権力者たちが探し回りましたが現在でもアークの行方はわかっていない…。

テンプル騎士団の最後の砦から地下トンネルが見つかる

それはテンプル騎士団の勇敢な最後の砦でした。
彼らは民間人と彼らの宝物を救うために猛烈に戦った。
しかし、それはすべてそれらの周りに転落しました。現在、考古学者は瓦を掘っています。

「これらの戦士の修道士は伝説のものであり、彼らの宝もそうです」とナショナルジオグラフィックのプレゼンターで考古学者のアルバートリンは言います。
「十字軍の間、テンプル騎士団は神、金、そして栄光のために戦います。アクレの近代都市のどこかに彼らの司令部と宝物があります。」

現在、新しいドキュメンタリーは、最近発見されたテンプル騎士団の最後の壮大な十字軍の砦の遺跡を明らかにしています。

彼らは修道士の誓いを立て、彼らの宗教の栄光のために戦った騎士たちでした。
彼らは自分の魂を救うために闘いました。
そして、その過程で、彼らは要塞、地所、農場、そして銀行の非常に豊かな国際ネットワークを構築しました。

それはすべて、聖地の騎士に現金、馬、食料、鎧、装備、新鮮な新兵を供給することを目的としていました。

中略

National Geographic Lost Citiesシリーズでは、LiDARテクノロジーを使用して石の表面をスキャンし、高解像度の3Dマップを構築して、あらゆる証拠となるマークを公開しました。

おそらくそれらの中には、秘密のテンプル騎士団の儀式と儀式の物語の背後にある真実を指し示す兆候があるでしょう…

明らかになったのは、テンプル騎士団の要塞と都市の港を結ぶさらなる秘密のトンネルです。これにより、土壇場での脱出が可能になりました。また、テンプル騎士団の宝庫とアーカイブの避難、つまり隠蔽のためのルートであったかもしれません。

これは依然として魅力的な見通しですが、そのような証拠はまだ発見されていません。

しかし、発掘を続ける計画が進行中です。

google翻訳一部割愛 とても長いので詳細はリンク先で Ancient mystery solved: Dazzling 'treasure tunnels' found in Israel - NZ Herald

喪失者
喪失者
うわー、ロマンだなー。地下トンネル第一発見者になって、時の権力者たちが探し求めた幻のアークを発見してみたいなー。
未来人
未来人
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦に出てきた聖杯を守ってたじいさんは聖杯の効果で節になったテンプル騎士団の生き残りのようだったな。

-古代文明・オーパーツ
-,

Copyright© イカイオントロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.