古代文明・オーパーツ

ヨーロッパ「黒海」の底に沈没している船を発見 「ノアの箱舟」か?

投稿日:

ヨーロッパ黒海の底で「ノアの箱舟」発見か?

画像:Pixaday

ヨーロッパにある黒海の底で沈没している船が発見され、「ノアの箱舟」ではないかと研究者たちの間で囁かれている。

ノアの箱舟とは

旧約聖書の創世記に出てくるノアが作った舟。神が人類の堕落に怒り、滅ぼすことを起こした大洪水に際し、神の指示に従ってノアは箱形の大舟をつくり、家族と雌雄一対のすべての動物と船に乗り込み、その船に乗って大洪水をやりすごした、そのため人類や生物は絶滅しなかったとされている。

 

数十の難破船を含むゴーストの墓地は、聖書に関する長年の謎を解決するのに役立ちます。

科学者によると、黒海の数千フィート下にある神秘的な古代遺跡は、ノアの箱舟の物語の起源を明らかにすることを約束しています。

ネセバルの町の近く、ブルガリアの海岸のすぐそばにあるこの墓地には、紀元前400年までさかのぼる60個の船が完全に保存されています。

2016年に研究者たちは不気味な難破船に出会い、海底を水面下1,000フィートから6,000フィート近くにマッピングしました。

それらの深さでは酸素がほとんどないので、木材はほとんど崩壊しません。つまり、木造の構造物や、数百年前の複雑な彫刻でさえも無傷です。

科学者たちはそこで止まりませんが、船の研究は進行中です。

BBCによると、この地域での作業は、ノアの箱舟に描かれた聖書の洪水を取り巻く謎を解決するのに役立つ可能性があります。

一部の学者は、聖書によると、世界の腐敗と暴力を一掃するために神によって送られた終末論的な洪水は、7600年前に黒海で発生したと信じています。

ウィリアム・ライアンとウォルター・ピットマンによる2000年の本「ノアの洪水」で、海洋地質学者は、伝説が地中海と黒海に接する古代文明を破った大洪水の起源を見つけたと主張した。

ライアンとピットマンによると、約2万年前、現在の黒海は巨大な陸橋によって地中海から切り離された小さな淡水湖でした。

科学的証拠に裏付けられていないノアの洪水理論によると、この橋は最後の氷河期の終わりに崩壊し始めました。

極地の氷冠の融解により、地中海の水が上昇し、ナイアガラの滝の200倍の大規模な海水大洪水が引き起こされました。

推定によると、黒海の大きさは爆発し、数か月以内にアイルランドほどの大きさの地域に洪水が発生した。

2000年、専門家は、トルコ黒海沿岸から12マイル離れた場所に住んでいた古代文明の建物など、黒海の洪水前の海岸線であると彼らが言ったことを発見しました。

google翻訳一部割愛

Mystery of REAL Noah's Ark flood could be solved thanks to ancient 'ghostly' Black Sea shipwreck graveyard

 

喪失者
喪失者
7600年も海の底にあったのに船奇麗すぎる気が…
というか、トルコのアララト山でノアの箱舟が見つかったって記事見たことあるけど。どっちが本物なんだ?
それともノアの箱舟は一隻じゃなくて船団だったのか?
未来人
未来人
世界に散らばる全てのノアの箱舟を見つけた時、真実の歴史が明らかになるかもよ?

 

-古代文明・オーパーツ
-,

Copyright© イカイオントロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.