宇宙・宇宙人・UFO

1987年UFOを米軍が追跡 接触してきた「エイリアン」を撃ち殺してしまった事件の画像が公開される

投稿日:

米軍が撃ち殺したエイリアンの画像が公開される

画像:Pixaday

UFOを目撃し、追跡する話はオカルト好きならよく耳にする話だが、UFOに搭乗していたエイリアンを撃ち殺した話はあまり聞いた事が無いのではないだろうか?

1978年に軍人がエイリアンを撃った

引退した空軍司令官は、「奇妙なクラフト:空軍兵士のUFOとの生活の実話」という題の新しい本で、ニュージャージー州バーリントン郡のマクガイア・ディックス・レイクハースト合同基地でエイリアンを撃った日を伝える彼らの物語。

空軍少佐ジョージ・ファイラー3世(現在84歳)は、1978年1月18日の早朝に起こった出来事を思い出しました。彼はその朝遅くに基地にいて、彼はそれについて最高機密のメモを書いた。彼は故人のエイリアンを実際には見ませんでしたが、彼は物語が完全に真実であることを固く主張しています。

Filerによると、警察のトラックで砂漠を走っていた兵士は、午前2時頃に基地近くに低空飛行船があることに気づきました。兵士は約1時間、未知の船を追いかけた後、青緑色を放つ楕円形のUFOがトラックのすぐ上に浮かんでいることに気付きました。

その時、「生き物」は、兵士が影から彼に向かって歩き、トラックのヘッドライトの上に直接立っていることを明らかにしました。そのとき、警官は45口径のピストルを引き出し、動いてはいけないと言ってから、エイリアンに5発撃ち、彼を射殺した。

エイリアンは、身長約4フィート、灰色がかった茶色の男で、「太い頭、長い腕、細い体」であると説明されていました。彼が死んだとき、彼の体はアンモニアの恐ろしいにおいを発しました。オハイオ州のライト・パターソン空軍基地の清掃チームが、その朝遅くにニュージャージーに飛んで、エイリアンの体をその基地に戻しました。

ファイラーが午前8時のシフトの前に基地に到着したとき、彼は事実を軍曹と話し合った。ファイラーが他の国のエイリアンかどうかを尋ねると、「いいえ、宇宙から来たエイリアン」と答えました。

空軍はその朝の出来事を極秘として分類することになり、何が起こったのか議論することは誰にも許されなかった。

しかし、ファイラーはこの事件について何度も話しており、今では新しい本に1978年1月18日の早朝に起こったことについてのすべての詳細が載っています。
空軍はその主張を「いたずら」として一笑に付しました。

google翻訳 Oficial Militar Retirado Disparó a un extraterrestre en 1978 -

喪失者
喪失者
お、おぅ...思ってたよりきつい画像だった。英語で「動くな」って言っても通じるわけないのに容赦なく撃ち殺すんだな。

未来人
未来人
地球人に無慈悲に撃ち殺されてしまったかわいそうなエイリアン…瞳からいかに無念だったかが伝わってくるな。
喪失者
喪失者
エイリアンに敵意はなかったかもしれないじゃないか!! いきなり撃ち殺すなんてあんまりだ…
まぁけど、実際自分が夜道でこいつに出会ったら間違いなく撃ち殺すだろうね。
未来人
未来人
…。 やはり人類には宇宙人とのコンタクトはまだ早いようだ。

 

-宇宙・宇宙人・UFO
-

Copyright© イカイオントロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.